司法書士法人イストワール

TALK SESSION
  • 2人が語るイストワールのビジョンとは
  • これからのイストワールが目指すもの
  • イストワールが求める人材像

<第3回>イストワールの代表 高橋健太郎と副代表 田中司による対談をお届けしています。飛躍を続けるイストワール。今回は「イストワールが求める人材像」について語り合います。

事務所を立ち上げて3年半。業界トップクラスの事務所へと成長したイストワールの創業者高橋 健太郎と副代表司法書士 田中 司のシリーズ対談です。第2回目の対談では、新しい挑戦を続ける2人が「これからのイストワールが目指すもの」について語ります。

触発と成長のある職場

触発と成長のある職場

田中 高橋さんにイストワールに来ないかと誘われたときも熱く語り合いましたが、やりたいことを話し始めると止まらないですよね。

高橋 そうですね、これからもやりたいこと、やらなければならないことが沢山ありますからね。業界の枠を超えた挑戦には様々な壁もありますが、私としては一つ一つ乗り越えて必ず実現していきたいですね。 田中さんは、私からの誘いを受けていただいて、最初にイストワールで仕事がスタートした時、どう思いましたか?

田中 小さなワンルームから始まりましたよね。本当に狭くてみんなで肩を寄せ合って。正直とんでもないところに来ちゃったかな・・・と(笑)。

高橋 そうだったんですか(笑)

田中 でも、設立して間もないのに小さい事務所ながら依頼が多くて、びっくりしました。振り返っている余裕は無かったけれど、ご依頼者様のために仕事ができることがうれしかったし、社会にとって本当に意義のある仕事をしていると強く感じました。おかげでイストワールで大きく成長させてもらったと実感しています。

高橋 それはうれしいですね。私もこのイストワールで沢山のことを経験することができて、気付いたら成長していたんだなと感じています。

田中 正直忙しいし、仕事も沢山あるけれど、新しいことや変化が好きな人、チャレンジ精神のある人にとっては本当に楽しくてやりがいのある職場だと思います。

高橋 経営理念が『Challenge and Innovation』ですからね。(笑)チャレンジし続けないと。

田中 経営理念や行動理念等、一生懸命長い時間をかけて作りましたよね。作った我々が理念に沿って行動していなかったら意味がない。

高橋 どれだけ時間をかけて話し合ったか、思い出すと懐かしい。イストワールがどうあるべきか、あのとき時間をかけて考え抜いたことで、色々な課題に直面した時には理念に戻ってぶれない芯をもって行動することができます。

田中 理念の大切さを感じるときですね。

イストワールで働く魅力とは

イストワールで働く魅力とは

高橋 田中さんから見たイストワールで働く魅力とは何ですか?

田中 色々ありますが、代表の高橋さんが常に成長しようと一生懸命生きる姿勢。そして、自分から成長しよう、変わりたいというスタッフの気持ちを大切にしてくれるところが大きいと思います。仕事をしながら新しいことを吸収して人間的に成長できる環境はとても魅力です。

高橋 私は「一度しかない人生の中でどこまでできるのか、自分自身の限界に挑戦したい」と考えているので、常に成長したいと思っています。同じ1年の繰り返しは歩みたくない、もう経験したことはいい。常に新しい経験をして自分の可能性を広げていきたいんです。 だから成長したいという気持ちを持った方がいれば心から応援したくなるし、同じ気持ちを持った人がいたらうれしいですね。

田中 私自身、高橋さんからご紹介いただいたセミナーや研修など多くの触発の場に参加することで人のことを思う気持ちが強くなりました。例えば、イストワールに来る前も『7つの習慣』を知っていたけれど、私はほとんど学んでいなかった。高橋さんにきっかけを与えてもらって、そこから何度も学ぶことで自分自身が変わってきた。家族からも「イストワールに入ってから変わったね」と言われます(笑)

高橋 それは、本当にうれしいですね!これからも、一緒に働くみんなに研修やセミナーの参加、書籍の購入補助などで学ぶ機会を多くつくっていきたいと考えています。一人ひとりが成長することで、イストワールが社会にとってより価値のある存在になると思うので。。

田中 高橋さんのおかげで、イストワールにいると、今まで経験したことの無いことや新しい考え方に沢山出会える。 今後もどんな経験ができるのか、どんな変化が自分に生まれるのか楽しみです。

イストワールが求める人材像~理念に共感できる仲間と共に~

イストワールが求める人材像~理念に共感できる仲間と共に~

田中 高橋さんはイストワールにどんな人材を求めていますか?

高橋 感謝できる人、社会やご相談者様の為にということを考えられる人、主体的に学ぼう、吸収しようとする意欲のある人、挑戦する気持ちのある人など正直、あげたらきりがないです。

田中 そうですね、止まらないですね。

高橋 でも、完璧な人を求めているわけではありません。完璧な人なんていないし、人には必ず短所と長所があるから、長所を伸ばせばいい。人が集まって仕事をするということはそこに意味があると考えています。

田中 お互いの良い部分を集めて一人では出来ないことを成し遂げるからこそ、一緒に働く意味がありますからね。

高橋 本当にその通りだと思います。でも、全員に必ず持っていて欲しいものもあります。それは、我々のサービスと経営理念、行動理念に共感しているということです。

田中 そうですね。共感できる人間にとってはやりがいのある楽しい職場になる。 我々にはご依頼者様を幸せにする義務と責任がありますから、責任感を持って一緒に働いてくれる仲間がいたら最高ですね。

高橋 これまで沢山の依頼をいただいてきましたが、まだまだ私達のサービスを利用していない方がいます。我々のサービスを必要としているのにまだ利用していない人がいるということは、その人達を不幸にしてしまっているとも言えるんですよね。 だから、一人でも多くの人達に我々のサービスを届けなければならないと思うんです。

田中 ぜひ一緒に我々のサービスを沢山の人達に届けたいという方と仕事がしたいですね。

高橋 そのためには、社会人経験や業界経験は関係ない。積極的に学ぶ姿勢を持って自分に投資できる人に来てもらいたい。誰かに与えてもらうのを待っているのではなく、自分の望む人生を自らつかみにいく。そんな気概のある人と一緒に働きたいですね。

田中 自分で考えて行動できる、主体性を持った人ということでしょうか。

高橋 そうですね。自分でものを考えられる力が一番の戦力になると思います。どうすれば正解にたどり着けるか分からないことは沢山あります。そんなときに大切なのはお客様のために、社会のために、事務所で働くみんなのためにどうあるべきなのか、ということ。そういう視点から考えられる人であれば間違った方向に進むことはない。

田中 本当ですね。そんな人材であればどこにいっても自信をもって仕事ができると思いますし、今までにない新しい視点や発想で提案してもらいたいです。

高橋 そうですね。これからは、債務整理業務の体制強化もありますが、任意売却や個人再生など住宅ローンの返済に困った方や、相続・遺言も含めた幅広いご相談に対応できる体制の強化も重要ですからね。

田中 業界の枠にとらわれない新しい挑戦のためには、多種多様な分野からも人材を結集して事務所の総合力を高めたいですね。

高橋 いいですね!まだまだ忙しい日々が続きそうですが、大きな目標に向かって一緒に頑張りましょう。

田中 もちろんです!!頑張りましょう。

(2015年6月)

CONTACT お問い合せ TEL:047-489-5451